私が歩いた昭和

旅の記録をもとに、私が歩いた昭和を振り返ってみました。

昭和のパンフ。懐かしい手描きの挿絵が見どころ。
昭和のパンフ。電車1万両突破記念で発行。
昭和のパンフ。すすむ動力の近代化。伸びゆく気動車。
昭和のパンフ。近代化を支えた技術を紹介。
昭和のパンフ。近代化を支えた技術を紹介。
昭和のパンフ。近代化を支えた技術を紹介。
昭和のパンフ。近代化を支えた技術を紹介。
昭和の旅シリーズ。30年間の移ろいを知る旅(2007年)
昭和の旅シリーズ。30年間の移ろいを知る旅(2007年)
昭和の旅シリーズ。30年間の移ろいを知る旅(2007年)
昭和の旅シリーズ。四国を巡る2週間の旅(1980年)
昭和の旅シリーズ。四国を巡る2週間の旅(1980年)
昭和の旅シリーズ。四国を巡る2週間の旅(1980年)
昭和の旅シリーズ。四国を巡る2週間の旅(1980年)
昭和の旅シリーズ。身延・大糸線の旅(1980年)
昭和の旅シリーズ。歩いてコケて…南東北(1980年)
昭和の旅シリーズ。旅のきっかけを振り返る。
昭和の旅シリーズ。旅にはメモを…というお話です。
1984年。サロンそよかぜ。軽井沢〜逗子を結んだ特急。
1981年。EF63が列車を押し上げていた信越本線の難所。
1981年。最後の活躍を続けるEF12が走る吾妻線。
1980年。水色の旧型国電走る大糸線。
1980年。旧型国電とEF15が走る身延線。
1980年。ED77が活躍する頃の磐越西線。
1980年。新幹線開業前でED71が残る南東北。
1980年。山形新幹線が乗り入れる前の奥羽本線。
1979年。ふらりと足を向けた上野駅。
1979年。構内で貨物の入換えが行われていた新宿駅。
1979年。東海道線の要衝、東京機関区を訪ねてみた。
1977年。飯田線の車両基地、豊橋機関区を訪ねてみた。
1982年。元国鉄のキハ10が残る津軽鉃道。
1981年。赤ガエルが走る長野電鉄。
1981年。初代横須賀線電車が走っていた頃の富士急。
1981年。新車が次々入った時代の上信電鉄。
1980年。旧型車が主流だった時代の江ノ電。
1979年。緑の目蒲線や大井町線。長閑な時代の東急。
1979年。旧西武色時代の銚子電鉄。
1978年。国電が京急線上を自力で走り抜けて行った。
1976年。京急神武寺駅で東急車輛からの新車搬出。
更新
▲ページの上へ